忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まず、一回しか観れない。
1800円も払っているのに、一回しか見せない。
不愉快。
ぼったくり。

指定席は、うっとうしい。
ほかに席がガラガラなのに、近所に座ってくる。
発券する時に気を利かせろ。
だから、いつも指定と関係ないとこ座ってやってる。


スタッフの教育不足が激しい。
これは、都心部のシネコンになれば特に激しい。
「偉そう」「接客力がない」
「融通が利かない」「気が利かない」
「事務的」「映画のタイトルを把握していない」
ほか、多々ある。
特に「ウメダTOHOシネマ」「ブルク7」は激しい。

少し、地方に外れると、
ただでさえ土地の不利があり、
それらは、さらに致命的になるので、
そこらへんは結構融通を利かせて対応してくれる。
「高槻R170シネマ」はそこそこ良い。


ミナミの劇場が軒並み閉館していく。
最悪だ。

昔は、映写室にも入れてくれたり、
何度も何度も同じ映画を観たり。

子供のころは近所の劇場にお弁当を持っていった。
何度も何度も映画を観て、お昼ごはんを食べる。
そしたら、スタッフのおばちゃんがジュースをおごってくれた。
とても人情的で、「また来よう」となる。

常連のオッサンに映画の話を聞く。
ほとんどエロい映画の話しかしない。

ベテランの映写技師に映画の仕組みを聞く。
映画のつくり手は大変だと知る。

映画を観にいくだけが目的じゃない。
「遊びに行く」のが目的なのだ。

そんな映画館が消えるのだ。

きれいなだけでいいのだろうかね。シネコン。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
人が混み合いそうな映画だと、指定席がいいです。
大規模椅子取りゲームはちょっとツライ…。

ただ、人の少ない映画は同意。
リュックベッソンの「ダンサー」の時は、指定席なのに貸切だったから、見やすい場所を求めて席移動しまくりました(笑

シネコンでたまに困るのが
「どこが見やすいですか?」と訊いても、むこうもよく分かってないことかな…
お姉さんにお任せして、がっかりしたこと数知れず。
講習とかしないんだろうね。
義尚 2007/04/18(Wed)10:44:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[35]  [34]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [23]  [22]  [21
Profile
書いている人:
ぬんちゃく
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Archive
Comment
[10/12 mulberry bags onlines]
[07/10 halkin]
[05/15 Backlinks]
[05/17 KxGxR]
[05/17 kentaro302]
Search
忍者ブログ [PR]