忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バイク用ワイヤレスインカムB+COMのつづき。

前回のお話
「バイク用ワイヤレスインカムB+COMの話をしよう①」のアレ。

B+COMのサイト

★取りつけ
チョー簡単。
本体をヘルメットにセットするマウントと、
スピーカーを取り付けるだけ。

●ヘルメットに取りつけるマウント

両面テープで張り付けるタイプと、
ヘルメットの縁にクリップで留めるタイプの両方が標準付属。

ヘルメットのイヤーパッドが外せるタイプには、クリップ留めがいい。
頑丈に留まるので、走行中の脱落は余程アマアマに取りつけない限りは、
発生しないと思う。

古いヘルメットでイヤーパッドが外せないとか、
クリップを差し込むスキマがないとだと、両面テープで付ける。
かなり強力なので、こちらも引っかけたりしない限りは、
取れないとおもう。

●スピーカーは左右二個。
ヘルメットの内装の裏を上手く這わせて、
ベルクロタイプ両面テープで留める。

耳にフィットする位置を探すのが少し手間。
あまり耳を押さえつけるような位置だと、
装着していると段々と耳が痛くなる。
たぶん耳がタコるよ。(タコる=柔道の人の耳みたいになること。)

想定よりも少し前下に取り付けると丁度いいと思う。
何度かテストして完璧な位置を探す。

●マイク

標準で、2種類付属。
ジェットタイプヘルメット用のグースネックタイプと、
フルフェイス用の張り付け型マイク。

必要ないときに着脱できるので
グースネックタイプの方がたぶん便利。

張り付け型は、
フルフェイス内側の口元に小型マイクを両面テープで張りつけます。
完全に張り付けるタイプなので、必要ないときに外せない。
そのため、
着脱できるように100円均一とかで買ってきたベルクロでつけた方がいいと思う。

ほかに、胸元にクリップで留めるマイクや、
ロングタイプのグースネックマイクが別売されています。
チャリとかの場合や車で使うなら胸元クリップとか。
いろいろとシチュエーションで使えます。

マイクは、本体とは別体なので、すぐに換えれるよ。

これで、キットの取りつけは終了。

あとはペアリング。

●ペアリング

ペアリングは基本的にbluetooth対応機器とならペアリングができます。

私の場合は、iphoneと、友人HさんのBcomとペアリング。
ほかにも複数のペアリングができます。
自分の用途に応じてペアリングしておけばいいです。

iphoneは、カーナビアプリと音楽と電話の3役です。
一回のペアリングで済みます。

ただ
使用中にペアリングが外れる不具合があるみたいだ。
条件がわからないが、なにか特定条件を踏んだときに、
電話着信がBCOMに送信されないことが2度あった。
その後は、音楽再生の制御などもできなくなる。
その場合はiphoneとのペアリングをやり直すといい。

まあ、こういうのは不具合があるのは当たり前だから別にいい。
修正パッチアップデートすればいいだけだ。

という感じです。

次回はiphoneとのペアリング時の動作を書きます。
つづく。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358
Profile
書いている人:
ぬんちゃく
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Archive
Comment
[10/12 mulberry bags onlines]
[07/10 halkin]
[05/15 Backlinks]
[05/17 KxGxR]
[05/17 kentaro302]
Search
忍者ブログ [PR]