忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トライアンフ ボンネビルT140にETCを付けることした。

ETC1

これが非常に厄介なことになる。
T140は旧い上にイギリスのバイク。ワテのは77年式。

ETCを付けるには少々問題が発生する。
最大の問題は、
プラスアース車であること。

今のバイクや車はマイナスアース車。
だからETCもマイナスアース用に造られているの。
スタンダードな取り付けをすると故障する。

今回、T140にETCを取り付けるにあたって、
ネットでもいろいろ調べたが、
情報は皆無に等しい。
旧いトライアンフやプラスアース車のバイクにETCを
取り付ける方法をここに書いておこう。
これから取り付ける人の参考になりますように。


では取り付けの顛末。
まず、
ダメモトでバイク用品店などで、取り付けのお願いに行くと、
案の定、嫌がられてことごとく断られる。

旧車+プラスアースってことで、諸々責任持てないのだろう。

では独自にETCを入手して自分で付けるのどうか。
セットアップのみ店舗でおねがいする。

どうやらバイク用ETCのみの単体販売は基本的にはしていないらしい。
取り付け認定店で取り付け込みの販売のようだ。
オークションで落札はどうだ。
高い。新品とかわらん。
独自設置は断念。最終手段としよう。

では、
旧車専門のバイクショップでETC取り付け店はないか。
探すと家の近所に発見。
お店は421というとこ。
しかし、国産の旧車がメインのようだ。
だが、カワサキの旧車を扱っているならプラスアースも触っているだろう。
ということで、伺ってみる。
余裕でOKが出た。
ここの大将かなりの手錬。

プラスアースに取り付けのための対策を共に考察。
バッテリーから直でETCの電源を取ろうということになった。
バッテリー直ならアースは関係ない。

普通はイグニッションONでETC電源ONだが、
バッテリー直だとそれができないので、
途中でスイッチをかませることにした。
ETC4
↑バッテリーから直で電源をとる。手前の銀色のステーがボタンの付いてるとこ。

スイッチは右側サイドカバーの中へ。
乗っている最中に右手でポチっと押す。
ETC電源ONである。
ETC3
↑見えにくいが電源ボタン。指を入れて押す。

本体はシートの下へ。
ETC2
完了。試走。
快適に料金所をパス。
問題なし。

ETCゲートに入っていくと、
料金所のオッサンにお前旧車やろ、間違ってるで。
みたいな視線を向けられるけどね。


このやり方なら
プラスアースにもETC付けることできますよ。
旧いトライアンフにETCを付けるのはこれでOK。

ということでした。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280
Profile
書いている人:
ぬんちゃく
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Archive
Comment
[10/12 mulberry bags onlines]
[07/10 halkin]
[05/15 Backlinks]
[05/17 KxGxR]
[05/17 kentaro302]
Search
忍者ブログ [PR]