忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スノーボードのプロ選手は、
金にならないオリンピックなどに出場するより、
一発で賞金が大きくでるスポンサーがつきまくっている大会に出る。

と、何かできいたか、読んだかしたことがある。

だから、オリンピックに出る奴は、
ワールドカップなどの大会では中程度のレベルだと。

だから、オリンピックをあまり重視していないと。

本当かどうかは知らないが。。。


それで、
あのちょっと素行が悪い選手も、
だからそうなのかなと思ったんだが、
イチビって出場前に帰らされそうになったら、
団長に付き添われて、大の大人が大人に付き添われて
一緒に謝ってもらって出場しちまった。

なんやそこは、スタイルつらぬかんのかいな。
しょーもな。



しかし、最近は本気のプロがオリンピックに出場し始めてるね。
レベルが違いすぎる。


最初からわかってんだから、
メダルが取れそうな雰囲気を煽るなよ。
最初から無理だよって言うとかんと。
PR
なんかの映画のタイトルっぽいな。
なんかで使おう。
「〇〇が死んだのを昨日知った」って。


ブリタニーマーフィが昨年末に死んだのを昨日知った。

この人の出演している映画はインディーズっぽい雰囲気のものが多かったから、
良かったんだけどねぇ。

若干スリラー女優っぽい扱われ方しててね。

キングオブヒルのキワドイお姉さんの声優もよかったね。

惑星「犬」っていうカスのような映画でもいけてた。
ラーメンガールのようなクソ映画でもイケてた。

なによりもこの人は、殴られたり軟禁されたりして、
暴行を受けるキャラクターが一番よかったりする。
シンシティでもサウンドオブサイレンスでも。

涙でくずれたアイシャドウで目の周りが真っ黒になってるのとか、
メチャクチャよかったんだけどね。

糖尿病だったんだってね。
それで薬やらなんやらと心不全でね。

勿体無いね。
好きだったんだけどね。
残念。
新しい乗り物だ。
EV車。
次世代の乗り物。

完全に今までの車と違うよ。
構造も。


だったら、
「この乗り物は音がしません」
という基本発想に変えればいいんじゃないのか。


「新しい・次世代」とか言っているのに、
「車が音がしないのは危ない」
とか、いつまでも旧世代に頭が洗脳させているバカは、
次世代車に轢かれて死んで絶滅すればイイと思う。


今後は、「車は音がしない」と思い込めばいいだけのことだ。
教習所でも、小学校の交通安全教室でも、
すべてにおいて、
「これからの車は全く音がしない」
と教え込めばいい。

音があると思っているから轢かれる。
ということ自体がおかしい。

そもそも運転者として、今までに
「音が出てるから人が避ける。注意する。」
など、一回も思ったことなどない。
こんな事を思っているやつは、今でもすでに事故してるぞ。

無音の車のどこに不自由があるのか理解できん。
目が不自由でも「車は無音」と知っていれば注意する。
それと、絶対にタイヤの音が鳴るわい。


そもそも、メクラがふらふらと道路に出てきたら運転者が怖くて注意するわい。
ほんで歩行者信号機はほとんどが青信号で音鳴っとるわい。
今後はすべてそうすれば良い。
だったら「無音の車はメクラに不親切」は関係ないだろ。


「音が無くて危ない」という発想は、
「車=騒音」というくだらない古い概念に縛られているということに他ならない。
いかに古い感覚の人間が多いということか。

新しい世代は「車=無音」という感覚になればいい。
全く違うモノ。
社会構造も変わるし、
次世代に移行するならそれくらい大胆にいこうぜ。


「音つける」とかしょーもない発想やのーて、
大局を動かす発想が生み出されることを望む。
国歌を歌わないということは国の体制への抵抗である。

ということは、戦争である。

自分の住んでいる国の方針に従わないということは、
国への宣戦布告ということになる。
それは、共産主義でも民主主義でも帝国主義でも、
すべてにおいて同じである。

ただ、そういった思想の違うことで抵抗する場合、
地下に潜って活動を行い、
ここぞというタイミングで表に登場するのが当たり前である。
レジスタンスも、テロリストもすべてそう。
それが行動に凄みを増すのだ。

それを小さい学校という場で、
国歌を歌わない、処分を受けたので、裁判する。
アホか。
小者教師め。
自分のやっていることは戦争だということを分かっていないのだ。
そういった抵抗組織は普段は一般人を装うのだ。
そして、地下では組織を作って活動する。

とりあえず立って歌ってるフリしとけよ。
それがレジスタンスだろ。


自分のこういった行動が戦争だと理解していないのだ。
私は戦争を彷彿させるような歌は歌わない。
あの戦争を繰り返したくないなど、
平和ボケ以前に逆に戦争をナメている奴がとる行動である。

そういう大人は、
子供から冷めた目で見られていることに気づくのはいつか。
私も小学校中学校時代は日教組の教師を冷笑していた。
言動の一つ一つがあまりに非現実的であるのだ。
幼いながら子供は気づいている。
ああには成りたくないと。
ああいう奴は、民主的と言いながら、
投票で勢い良く戦争賛美に向かうと。
子供の時分にすでにそう思っていた。
なぜなら戦争をナメているから。

ナメている奴ほど、理由なく大胆に動く。
アラスジクエストが完成している。

アイデアがすごくいい。

オヌニバスRPG アラスジクエスト
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
Profile
書いている人:
ぬんちゃく
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Archive
Comment
[10/12 mulberry bags onlines]
[07/10 halkin]
[05/15 Backlinks]
[05/17 KxGxR]
[05/17 kentaro302]
Search
忍者ブログ [PR]